循環器内科 小平市の内科、小平南台病院は土曜日も内科診療有。東大和市、国立市、立川市からも至便

東京都小平市小川町1丁目485番地所在地アイコン
交通アクセス
交通アクセス

診療科目

循環器内科

CTスキャン

診察している疾患、症状

循環器内科であつかっている主な疾患には、高血圧、心不全、虚血性心疾患(心筋梗塞、狭心症など)不整脈(頻脈、徐脈、心房細動、期外収縮など)があります。

主な症状としては

【高血圧】

頭痛、ふらつき、顔面紅潮などの症状がでることもありますが多くは無症状です、検診などで高血圧を指摘されたら一度受診してください。高血圧と診断された場合は多くは降圧剤の内服が必要でいすが、減塩食、生活改善による体重の減少などにより薬が不要であったり薬を中止できることもありますのでご相談ください。

【心不全】

労作時の息切れ、下肢のむくみ、夜間横になると苦しくて眠れない、体重増加、などが典型的な心不全の症状です。治療は利尿剤などの内服薬で治療します、重症なときは入院が必要なこともあります。

【虚血性心疾患】

狭心症の症状は駅の階段などで左前胸部が締め付けられるように痛くなり、安静で数分で症状が消失するのが典型例です。 心筋梗塞は労作などとは関係なく左前胸部、心窩部、顎、肩が突然痛くなり安静でもとれない症状です、このような症状があったらすぐに救急病院を受診してください。 虚血性心疾患の治療は一般的には冠状動脈造影検査(心臓カテーテル検査)を行い治療方針を決定するのが一般的です。当院では行っていないため、近隣の施行している病院を患者さんの希望で紹介しています。また検査希望しないかたは内服薬でコントロールしていくともあります。カテーテルなどの治療で安定したかたも紹介をうけ当院外来を受診しているかたも多くいます。

【不整脈】

不整脈の症状は動悸、めまい、失神などがありますが症状の自覚なく検診などで指摘されることも多くあります。ホルター心電図検査(24時間心電図)などの検査を行い、治療が必要かどうか判定し、抗不整脈を開始したり、ペースメーカー挿入など当院ではできない治療必要な症例は専門の病院ご紹介しています。

当院の循環器内科では症状などから診断を早く行い、紹介が必要な症例はすぐに他院を紹介し治療をおこなっていただき、安定したらまた当院で治療継続しています、またご高齢なかたなどで専門の検査などを希望しない方や当院での加療可能であったらそのまま治療しています。

当院で施行している検査

12誘導心電図  負荷心電図(マスター検査) ホルター心電図  心臓超音波検査  頸部エコー検査  採血(BNP ホルモン 等)などです。


スタッフ紹介   診療担当表